こんなときに便利「カードローン活用術」

香典を包まないといけないのに持ち合わせがないケース

カードローンはどんなときに利用するといいのでしょうか。まず、突然、親しい人が亡くなってしまったものの、手持ちの現金がなくて香典を用意できそうにないというケースが挙げられます。香典はクレジットカード払いや後払いというのは絶対不可能であり、必ず現金で用意しなければなりません。そのため、現金を引き出せるカードローンが有用なのです。
また、人に「おいしい店がある」と食事に誘われたものの、お金がなく、件の店ではクレジットカードが使えないという場合もカードローンがあると助かるでしょう。もちろん、お金がないから行けないと断る方法もありますが、誘われたのが気になる異性だったり、あるいは恩人だと断るのは難しいです。

ちょっとした額のお金を借りることもできる

欲しかったものが、現金特価でものすごい安い価格で売り出されているのを見つけたものの、財布の中にお金がないというケースでカードローンが使えるとやはり便利です。
商品が現金特価や現品限りという形で売り出される場合、新しいモデルが近々出るので販売が終了寸前という理由があることが多く、買い逃すと中古でしか手に入れられなくなるだけではなく、現金特価の値段よりも高い価格で買わなければならないということもよくあります。
もちろん、給料日は明日だけど、今日、夕飯を食べるお金すらないので借りたいといった、生活費の調達という点でもカードローンは便利です。カードローンは1000円から借りられるなど少額融資に対応しているものが多いため、夕飯代など、ちょっとしたお金が必要なときも借りすぎずに済みます。